新ブランドの底力!?
CHEANEY IMPERIAL COLLECTION(チーニー インペリアル コレクション)

DSC_1429
salotto di guji専用の英国靴は新生CHEANEY(チーニー)!!

な〜んや。CHURCH’S(チャーチ)の安もんのCHEANEYかぁ・・・と思われた方も

おられますよね?

かつては(今でも?)ブランドネームを信じて買い物することが多かった私も

勿論その一人でした。

salottoに置きたい英国靴をいくつか検討していたんですが、ハッキリ言って

CHEANEYは選考外でした。でもこの靴の現物を見て瞬時に考えが変わりました!

ではどのような靴かと申しますと・・・

15年ほど前にCHURCH’SがPRADA資本になったことはもう有名ですよね。

それまでCHURCH’S傘下にあったCHEANEYもグループ内におさめておりましたが、

以前CHURCH’Sの取締役だったジョナサン・チャーチ氏と、

工場長を務めたウイリアム・チャーチ氏が’09年にCHEANEYを買い戻したことにより

久々にCHURCH家の靴作りが実現しました。

CHEANEY IMPERIAL COLLECTION(チーニー インペリアル コレクション)は、

その2人主導で’10年に登場した現在のCHEANEYの技術の粋を反映させた

最高級ラインなんです。

208ラストはシャープでややロングノーズですが、ほんのり膨らみのある

英国靴伝統のエッグトゥが採用され、アッパーには高品質な革を使用し、

アウトソールにもオークバーグソール(樫の木のタンニンでなめした革のソール)

を採用するなど、すべてにおいて厳選したものを使っています。

・・・と、ここまでは所謂高級靴はよく採用していることなんですが、

注目は底裏にあります。

チャネル(伏せ縫い)はもちろんのこと、ウエストがヴァイオリンの裏側のような

フィドルバックなんです!

中底にスチールシャンクとは別に、山型にカットしたレザーチップを入れウェストの

安定を図った元来はビスポークの仕様で、普段は見えない部分に拘ったCHURCH家の

底力を感じる逸品です!

私の第一印象も“ビスポーク靴のような美しさ”。

既製靴ではほぼ見ることのできないディテールが既存モデルと明らかに

一線を画した存在です。

パターンはごくごくベーシックなモノばかりなのも好印象。

大好き過ぎるダブルモンクはベーシックな2色、そして男は黙って“黒ストレート!”。
IMG_7722
MODEL:HOLYROOD 208ラスト
MATERIAL:牛革
COLOR:ブラウン・ブラック
SIZE:6・6.5・7・7.5・8・8.5
PRICE:82,080yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。宜しければ覧ください。
DSC_1438
IMG_7736
MODEL:BUCKINGHAM 208ラスト
MATERIAL:牛革
COLOR:ブラック
SIZE:6・6.5・7・7.5・8・8.5
PRICE:82,080yen
guji online shop
ginlet-rakuten-
↑こちらでも販売しております。宜しければ覧ください。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
上に戻る