『gujiの縁側』
〜2022FWバイイング同行記〜

皆さん、こんにちは!

グジアシスタントバイヤーの小林です。

2021秋冬シーズンの熱もまだ冷めやらぬ中、早くも2022秋冬シーズンのバイイングがスタート致しましたので、本日はその模様を少しお伝えさせて頂こうと思います。

何かの片手間でも構いませんので、是非チェックしてみてください。

まずはバルコーネの主力ニットブランドrencontrant(レンコントラント)からスタート!

毎シーズン、同ブランドならでは生地が数多く提案されているんですが、今シーズンも面白いものが提案されておりました。

それがこちらのフォックス(狐)×カシミアのブレンド素材!

あまり、他では見かけたことの無い生地で、非常にソフトで柔らかな風合いが特徴で、毛足が長く、雰囲気のある生地なんです。

非常に上質でファッションを感じる素敵なニットとなっておりますので、これは来シーズン是非楽しみにして頂ければと思います。

同じ素材でケーブルタイプもピックアップしております。

個人的にはこのケーブルがイチオシですね。

ここのところ、あまりバルコーネでも提案が少ないタイプで、目を惹きましたね。

こちらは、ストールブランドnorlha(ノラ)です!

同ブランドに関しても色・柄・素材の新たな提案が増えておりました。

バルコーネでも人気のcomoli×norlhaのボタンレスカーディガンにおいても新素材が登場しており、来シーズンは更にアップデートした物をご用意予定。

本当に来シーズンが待ち遠しいコレクション内容でしたので、乞うご期待下さい!

シーズン毎に確実にファンを増やしておりますmoncao(モンサオ)のプレコレクションにもお邪魔してきました。

元某ラグジュアリーブランドP社でデザインを手掛けいたデザイナー2人が立ち上げたポルトガルのブランドで、実に洒落ているんですよね〜

まだ日本ではそこまで馴染みのないブランドではありませんが、今後人気が高まってくるのでは!?と睨んでおります。

2022FWシーズンでは、新たなモデルの提案が増えておりました。

まずはシングルジャケット、シャツジャケットのような軽やかな仕立てなんですが、佇まいは端正で、型周りのデザインも秀逸〜

やや緩めのドロップで、モダンな雰囲気に仕上げられた素晴らしいジャケットでした。

これは人気が出そうな予感しかしません。。。(笑)

シャツでも新たにプルオーバータイプのバンドカラーシャツが登場しておりました。

適度に緩いフィッティングに、レングスも長すぎず、短すぎずの丁度良いバランスで、◎でした!

シャツが再燃してきている今、かなり気になるところですし、オススメです。

ここまでご紹介してきましたが、少しはお楽しみ頂けましたでしょうか!?

今後も同ブログにて来シーズンの傾向やバイイング風景など、随時アップしていきますので、お楽しみに〜


TATRAS(タトラス) MORE VARIATION guji大阪・camisimo大阪11/19-12/6 guji laboratorio12/8-12/18

《balcone Instagram毎日更新中!》

明日は、『商品の紹介』!です

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
上に戻る