『REMIND』
23SS RENCONTRANT(レンコントラント)

どうもこんにちは、通販担当の泉です。

デイリーユースなニットを提案しているブランドであるRENCONTRANT(レンコントラント)。

素材の選定に関しては結構クセがありますが、それが洋服好きに刺さっているのも事実。
かつては納期が厳しいシーズンもありましたが、今は多少安定しているように思います。(ですよね?)

毎シーズンどんな提案がなされるか僕らも期待の目で見ているブランドの一つです。

で、そんなRENCONTRANT(レンコントラント)の春夏の推し素材と言えばシルクです。

シルクは空気を含みやすい特性があるので保温力があると同時に放湿性も備えています、湿気を放出する機能、これが結構重要なんですよね。
その為、汗をかいてもべたべたせず快適に過ごすことが出来るんです。

さらに見た目の面でも非常に高級感があります。

美しい光沢感はシルク100%ならでは。

ゆったりめのシルエットにも凄くマッチしているので、着こなしがシンプルであってもこなれて見えるのもポイント。

僕はやや大きいサイズのボタンレスカーデを購入してドレープ感がより出るようにしたりして楽しんでました。

今回は頑張って3型をご用意してます。

ショートスリーブニット、ボタンレスカーディガン、クルーネックカーディガンになります。
新型のクルーカーディガンもご好評いただいていまして、サイズ欠けが起こっています。

Tシャツにデニムという普段着にこういったアイテムをプラスすると確実に見栄えが良くなるのは間違いありません、品の良さとファッション性を同時に手に入れる事が出来るであろうシルクシリーズ、お見逃しなくです。

、、、、、こちらをご紹介するのをすっかり忘れていました。

コットンラミーを用いたタイプです。

ラミーというのは苧麻(ちょま)という多年生植物を原料としています。
日本の製品表示としては『麻』の括りに入るのでわかりづらいんですが、リネン(亜麻)とはまた違った魅力があります。

肉感がありながらもタッチはドライな感じになっています。

ちなみにこちら、高級ソックスなどにも用いられる糸を撚って編地にしており肌触りが非常に良く、それでいて丈夫さも兼ね備えているという気の利いたニットなんですね。

上記で紹介したシルクは気を使いながら使用してもらうのがマストですが、反面こちらはそこまで気を使いすぎる必要はないかな、という感じです。

色の出方もシルクとは違いより自然な感じと言いますかアーシーな雰囲気もあります。

艶っぽさよりもナチュラルさが勝った素材なので個人的には同型で素材違いを持っていても使い方、見せ方はかなり違ってくると思います。

こちらはボタンレスカーディガンと、半袖ニットの2型を採用。
どちらに関しても使い勝手の良さは間違いありません。

上質な普段着をコンセプトとするRENCONTRANT(レンコントラント)らしいアイテムですね。

RENCONTRANT(レンコントラント)
ラインナップはこちらからご覧いただけます。


STOCK SALE 絶賛開催中です。


balcone di guji ver. 3.0から4.0へ ?バイヤー高階が仕入れの極意を語る!?


guji network! mando回、是非ご覧ください。


バイヤー座談会、是非ご覧ください。

balcone Instagramも毎日更新中、フォローよろしくお願いします。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
上に戻る