『MIX stylingを・・』
スタイリングのご紹介
〜 COVERT(コーベルト/コベルト)・MONSIEUR LACENAIRE(ムッシュ ラスネール)〜

今期のblogの終わりも少しずつ見えてきました。
balcone(バルコーネ)カテゴリーは発注金額はさほど多くは無いのですが、トータルブランドが多い為、意外と型数は多いのが実情です。

また、隔日公開もあり、最後は結構焦ってご紹介することが多いんです(汗)
しかも、ご紹介が遅れるブランドも多々あり、今後の公開スケジュールはもっと考えた内容にしていきたいと思っております・・

本日のstylingはCOVERT(コーベルト/コベルト)から‼

コート?ジャケット?とも取れるデザインですが、素材もメッシュの様な素材にリネン素材も使用している為、重さや暑さは皆無です。

反面、インナーはTシャツなど、半袖物の軽めのインナーが着こなしとしては最適です。
よく、プリントTの着こなしを聞かれるのですが、潔くそのまま一枚で着るのもお薦めですが、その際にはシルエットで遊びを入れ少し大きく着ても良いかもしれません。
もしくは、こういったジャケットではなくカバーオール的なデザインやブルゾンなどとの着こなしがお勧めですね~

着丈はコート丈あるので、パンツは細目にすっきり見せることで、野暮ったさは無くなりシャープな印象になります。
色目も春らしい色との相性が抜群ですよ~!!

全てのアイテムはこちら!
outer 【COVERT
cut&sew【COMMUNE DE PARIS
pants【BERWICH COMING SOON!!】
shoes【BePositive

スウェットアイテムの取り入れも、もはや定番に近づいて来ました。
スウェットには、”アメカジ”、”フレンチカジュアル”、”スポーツカジュアル”、”street”などなど様々なジャンルで様々なスェッとが存在します。

そもそもは、アメリカの定番と言えると思いますが、古着では当たり前の前Vデザインのスゥエットは”古着”ジャンルに属すると思います。

それに少しのmode感を組み合わせ、シルエットにも拘りを入れたのが、COVERTのスウェットです。
そのシルエットを存分にみせ、品良く”古着”の雰囲気を出すことがポイントです。

「ラフを上品に」着てみて下さい~!!

全てのアイテムはこちら!
cut&sew【COVERT
PANTS【CellarDoor
shirts【INDIVIDUALIZED SHIRTS
shoes【BePositive

そして、本日はこちらのMONSIEUR LACENAIRE(ムッシュ ラスネール)でもstylingを組んでみました!!

得意のインターシャのニットですが、暑さを感じない不思議なニットなんです!
柄が全てを物語っていますが・・(笑)

ショーツが映えるニットも珍しいと思います。
スウェットには無いニットの柔らかさや立体感を演出しながら、スウェットの様にラフに着れるのは、MONSIEUR LACENAIREのニットが他とは一線を画しているからに他なりません!

ベース色のトーンは抑え、軽さを重視してstylingしてみて下さい~!!

全てのアイテムはこちら!
knit【MONSIEUR LACENAIRE
pants【Mando
scarf【GIERRE
shoes【guji

明後日は、人気日本ブランドのご紹介です!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
上に戻る